icon-h1

建物を塗り替えたいときのご参考に
お問い合わせから施工全体の流れ

お問い合わせからご契約まで

お見積り・現地調査のご依頼

お気軽に、お電話またはメールフォームからお問い合わせください。
私どもはお見積り・現地調査とも無料にて承っております。
もちろん、お問い合わせをもとにして繰り返しての営業活動や勧誘は一切行いません。
ぜひ、見積書を他社様と比べてみてください。

現地調査せず見積もりをお出ししていません

建物の調査・診断へお伺いします

ご依頼にもとづき、お客様のご都合に合わせて、日中にお伺いいたします。

まず調査・診断にあたって、お客様にいくつかお話を伺います。

  1. 気になられている箇所(外壁のコケ・雨漏れなど)やお考えの全体イメージを、お聞かせください。
  2. 気になられている工法や塗料などがあれば、最新の情報と経験を持つ専門の担当がご説明いたします。

その後、建物の調査診断に移ります。通常は30分程度で終了いたします。

お見積り提案

診断の結果に基づいたご提案を、ご説明にあがります。

  • 必要となる対策や最も適していると考えられる塗料や工法などについてご説明いたします。
  • お見積りの内容、そして各項目ごとのご説明を差し上げます。
  • 分かりにくいことがございましたら、遠慮なくご質問ください。
お見積もりの内容もしっかりとご説明いたします
十分ご納得いただいたうえでご契約ください

ご契約

  • 工事の進め方についてご説明させていただきます。
  • 着工日や、工事の日程を調整いたします。
  • 色見本帳など、塗料に関する資料などのお渡しいたしますので、お客様のお好みをご検討ください。もちろん、色決めの際のポイントもお伝えいたします。
  • 別途後日、最終的な塗料と色決めのお打ち合わせを行います。

施工開始後の流れ

一般的な、ローラー刷毛での外壁塗装工事を例にご紹介いたします。
実際の日程は、建物の規模、天候や休日などの状況で変わります。

近隣のお宅へのご挨拶

工事を始める前に、当社よりご近隣にお住まいの方々にお知らせいたします。作業内容や時間などについてのご説明や、ご不安にお感じのことの聞き取りと対処を行います。

ご近所へご挨拶にうかがっています
施工の流れ1日目 足場とシートの例

1日目

建物の周りに仮設足場とメッシュシートをかけていきます。

安全でていねいな塗装工事には足場の設置は重要な作業です。

2日目

手洗いと高圧洗浄機で建物全体を洗います。
外壁のコケやチョーキング、屋根のコケやカビの汚れを確実に落としてから塗装工程に入ることで、塗料の効果をしっかりと発揮させることができます。

施工の流れ2日目 高圧洗浄の様子
施工の流れ3日目 養生と下地の補修

3日目

塗料のにじみやハミ出しが出ないよう、塗らない箇所の養生をしっかりと行います。並行して、窓枠周りや壁の継ぎ目のひび割れに対してクラック処理やコーキングの打ち替えなどの補修作業を行います。建物の寿命に影響する大切な工程です。

4日目

軒天下塗り、壁の下塗りをします。
下地は壁の素材と仕上げ塗料をつなぐ役割を果たす大切な部分。場所によって違う建物の壁全体のコンディションを均一に整える必要があります。もちろん補修した場所は状態の確認しながら下塗りを行います。

状況によっては一部の中塗りも行います。

施工の流れ4日目 下塗りと中塗り
施工の流れ5日目 中塗りと上塗り

5日目

強い塗面を作るため、中塗りを行い、続いてさらに上塗りです。
外壁塗装の工程は、3回塗りで仕上げることが基本。私どもは手間を省略せず、きちんと施工しています。

6日目

破風板、雨戸や雨どいなどの付帯物の塗装を行います。
特に金属部分は、劣化状況に合わせて、サビ止め塗装や補修も行っています。

施工の流れ6日目 各部分の補修や塗装
施工の流れ7日目 養生を剥がしていきます

7日目

養生を剥がし、塗料のにじみやはみ出しがないか、塗り残しがないかなど、念入りに各所点検を行います。

その後、お客様立会いのもとで検査を実施。手直し箇所への対応を行います。

8日目

お客様の完成確認のあと撤収作業を行います。

塗り替えた建物を新築のように輝いて見せるためにも、ていねいな清掃は欠かせません。

完成確認 → 足場解体 → 掃除 → 最終確認 → お客様へお引き渡しとなります。

施工の流れ8日目 足場の解体と掃除の様子